北アルプス森のカモシカ樂舎

<< GWの活動 | main | 5代目、GWの活動 >>
活動報告
今月中旬に絵の構図案(各ページの絵の構図)をカラルさんからいただきました。これからみんなで回し見し、ちょこちょこ変えてくところは変えていこうと思います。来月にまたみんなで集まり、構図を決定し、下書きに入りたいです。

【現時点でできていること】
<絵本>
・ストーリー
・コマ割り
・絵の構図案
・大まかな文章
・材料(紙、絵の具、色鉛筆など)決定と購入

<あとがき>
・大まかな文章
・おおまかな構図

【今後やること】
<絵本>
・絵の構図決定
・下書き
・色つけ
・文章の表現の仕方決定
・どこにどう文字を入れるか決定
・ルビをふる
・スキャナでとりこむ
・印刷
・製本

<あとがき>
・文章の細かい訂正
・ルビをふる
・ページ割りを決める
| oichan | 絵本by4代目 | 21:13 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
現時点でできていることの項目だけでなく、ちょっとでいいので成果物を載せていただけると、僕らもワクワク感が増してくるのですが……
| カモ博 | 2007/04/27 11:43 PM |
今度の集まりも会えるかどうかちょっとわからないから、絵本の構図案を見て思ったことを書いちゃうね。

トモくんがソリ遊びをしているうちに、森に迷い込んじゃった・・・という導入のとこの構図は、森の不思議感が出てていいなぁと思った!

絵本本文では一度も「カモシカ」って言わないで、「もこもこ」っていってるのも好き。
でも「もこもこ」がある時点から唐突に「ちょこ」になってるよね。その間に何かがほしい・・・。

あとは、うさぎさんとりすさんは言葉をしゃべらない方がいいなと思う。

あと、ちょこがみつからなくて、ともくんが泣きそうになっている場面のどこかに、わかりにくいけどよくみると実はちょこがいる方がいいな。木とか草とかごちゃごちゃ描いちゃって、ウォーリーを探せ的な感じにしちゃってもいいんじゃないかなとも思う。全体的に見て、今ひとつ盛り上がりに欠けるかな???っていう気も少しするから、そこの部分を引っ張っちゃって、ウォーリーを探せ的なページを2,3ページ作っちゃったりとかは・・・どう!?

それから最後の場面で、「ちょこがともくんを探しにきてくれた」という表現がちょっと嫌だな。私はちょこは「ちょっと理解しがたい不思議な存在」でいてほしい。
「探しにきてくれた」というと、もう完璧友達って気がするけど、「突然現れました」みたいに、最初に読んだときはちょこはともくんが好きなんだなぁって読み進めちゃうけど、後でもう一度読み返してみたら、この表現じゃ実は本当に好きなのか確信もてないじゃんっていう感じがいいなぁ。それか「突然抱きついてきました」みたいに、予想外な行動をしてくれちゃうのもいいと思うんだけど。
小さい子対象の絵本としてはわかりにくくなっちゃうかな?

あと、一番最後は、「一人と一匹は友達」っていう文句を入れたい!文章にするんじゃなくて、詩的な感じで。
| momo | 2007/05/02 1:22 AM |









http://kamoshika.morikura.com/trackback/420430
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE